11月「全体会議」

昨日は、定例の全事業所による「全体会議」の日でした。
 
 
今回も、各事業所でたてている目標の進捗状況の発表
 
 
また、事業所ごとの「あるべき姿と目指したい姿」の目標設定
 
 
さらに、「和田 行男先生」によるDVDを観る機会をいただきました。
 
 
認知症の方の支援で大切なこと・・・
 
 
人として「普通に生きる姿」を支える
人として「普通の暮らし」を支える
 
 
事の大切さを改めて考えるきっかけになったと思います。
 
 
笑い声、笑顔、敬語(尊厳)、五感の大切さ
 
 
入居者様全員を巻き込み支援をする事で
 
 
全員に良い支援が届けられるということ
 
 
また、「何故そうなるのか」という事を徹底的に追求するという部分では
 
 
弊社の「経営方針」の中の
 
 
「お客様を大切にする」「お客様の満足度向上を徹底的に追求する」
 
 
と通ずるものがありました。
 
 
最後に、社長からの話の中では
 
 
「身のまわりの支援をするのはあたりまえ
その人の生き方そのものを支援していきましょう」
「1日1日を、いかにその人の思いを優先し、寄り添い
生きる事を支援できるかどうかが大切である。」
「利用者様、ご家族、そして職員がどうすれば幸せになれるか
日々考えています」
 
 
というお話しをいただきました。
 
 
今後も、「経営方針」にもあるように
 
 
お客様を大切にする会社を実現するため・・・
 
 
「お客様の満足度向上」をすべての事業所の活動の基本とし
 
 
全職員が、お互いの長所を活かし
 
 
「お客様のために」という目標に力を合わせていきたいと思います。
 
 
■スタッフ М■
 
 
☆★事業所全体で、委員会も発足いたしました!★☆
 
 
 

100_4411.JPG